のぞみの丘保育園 ブログ

のぞみの丘保育園は益城町北部、広安小学校北側の竹林の中にある45人の認可保育所です。 就学前に豊かな人間性の根っこが形づくられます。本園では特に日々の屋外活動を通して心の強さづくり、豊かな心、そしてかしこい子どもづくりを目指します。

連絡先
住所:熊本県上益城郡益城町馬水568-1-4
電話:096-234-7987
FAX:096-234-7904

 2月8日(土)のぞみセミナーが行われました。今回は、現職の校長先生でもある福島先生に来て頂き、就学前教育はどうあるべきか、現在リーダー(校長)の立場から見た学校の現状などについて話していただきました。

福島先生は長年担任をされたり、県教育委員会の幼児教育担当の経験もおもちの先生です。
DSCN0394
歌発表は『まめまき』
おにわそと~ふくわうち~
DSCN0397
パラパラパラパラ まめのおと~
DSCN0401
おには~こっそりにげてゆく~
こんなに可愛い鬼なら逃げなくていいですね

ある保育園を訪問した際に印象に残っている話で、プール上りに足を洗う為の水を張ったタライが2つあって、1つは陰においてあり、もう1つは日向に置いてあったそうです。すると、ある子どもがそのタライを行ったり来たりして、何度も足をつけていたそうです。その様子を見て、「ウロウロせずにはやく行きなさい」ではなく、「この子は今、冷たい暖かいと考えているのだな」と、保育者がちゃんと気付いたことが素晴らしいと感じたそうです。幼児教育では、遊ばされるのではなく、自由遊びの中で、子ども達の気付きをうながす働きかけや言葉かけなど、保育者の取り組みが必要だと言われました。

そして幼稚園を訪問した際では、制作の時に、子どもの人数に対してハサミを少なく準備するそうです。そうすると、譲り合いやトラブルが生じる。取り組みを通して、見通しを持ってやるようにあえて仕組む、そういう環境を整えることが大事なことなのだと気付かされたそうです。のぞみでも、カリキュラムをよく考えて作り、仕組んでいく保育をやっているので共感を覚えました。

DSCN0423
ふれあい手遊び
DSCN0428
次にグループで質問を考えました。

・男の子の髪型の決まり、女の子の髪飾りの決まりがあるが、担任によって対応が違うので困っている。

・学校側、担任の先生に意見を言うとモンスターと言われる。学習面・生活面での決まりでおかしいと思ったときに伝えてもいいのか?先生とうまくつながる方法はどうしたらいいのか?など出ました。

…その意見に対して先生から、学校の決まりは年度始めに決め、実行していく。決まりを作らないといけなくなったのは、時代と共に色々な価値観が増えてきたので(例えば靴下の色や筆箱の中身など)、ある程度は統一していこうという風になっているからだそうです。そして、保護者と繋がるという事に関しては、学校側としては、なるべく協同で対応していきたいので、何かある時は担任にしっかり相談してほしいと話して頂きました。

決まりについては、何のために決まりがあるのか?何のために決まりが成立するのか?どう守ったらいいのか?当事者が事前にしっかり考えていかなければならないという話もありました。

それから現在のクラス運営に関しては、一人一人に目を向けて教育することを目指してはいるが、それと並行して、学級集団を育てていくという視点が弱いので苦労している。いっぱい経験していかなければ技は磨かれない。そういう集団の視点で子ども達を豊かに見ていく集団作りが大事だと話されました。

代表からは決まりで動くことも大切だが、それ以前に自分の頭で善悪の判断をしっかりできる子ども作りが大切、しかしこれはとても難しいテーマであるという事がのべられました。
DSCN0429
頑張った後のフルーツはうまい


賢い子どもを作ること、その為には私たち保育者がきちんとした目的をもって、子ども達の活動に取り組むことが大事なのだと、改めて気付く事が出来ました。
(文責:西山)


【お知らせ・お願い】
・3月ののぞみセミナーはありません
・卒園式は3月28日(土)です。詳細は3月のおたよりにてお知らせしますので、必ず目を通して下さい。 

【今週の元気もん】
DSCN0474
マットで手品「テジニャ~ニャ
DSCN0475
「ジャッジャジャ~ン」
箱の中身はゆいなとちひろでした
DSCN0483
広安小学校の体験入学後
みんな楽しかったようで目を輝かせて報告してくれました
小さい子達はというと…↓↓
DSCN0486
班長代理を立派につとめることができました
DSCN0497
年長がおらんでも大丈夫ばい

【今週の人気メニュー】
DSCN0445
かぶのそぼろ煮 ほうれん草となめこのポン酢和え しらすとのりの白和え

グリーンピースの豆を取った後のさやは、茹でて、茹で汁をお味噌汁のお出汁にしたり、グリーンピースご飯を炊くときにいれてもおいしいそうです。

やってきた、やってきた、今年もやってきた…!

目立った行事のないのぞみですが、年に一度の大イベントとも言える「豆まき」の日がやってきました。年が明けると、「もう1月!ということは、1月、2月…もうすぐ鬼だ!」と、早々に子ども達の話題に上っていました。今回は、なんと前の週に「鬼からの手紙」が届いたのです!概要は…

 

『のぞみのみんな、お久しぶりです。わたしは…鬼です!今回は、卒園児と在園児、どちらが力を合わせて協力できるか、綱引きで対決してもらうことにするぞ!負けた方のチームの誰かを連れ去るぞ…!』

ギャー!!そんな恐怖の手紙に途中で泣き出す子も。しかし、「泣いたら力が出ないよね」「そしたら相手チームが勝つよね」と気付き、きゅっと涙をぬぐい、「泣いてなんていられない、よ~し、練習だ!」と、皆やる気になったのでした。

DSCN0260

DSCN0258
 

練習試合では、力(卒園児)VS.数(在園児)の戦いで、互角の勝負!当日までどうなるか分からない、子ども達にとってはハラハラ…こちらにとってはワクワク…、さて、結果は!

DSCN0307
≪元気を出すために、卒園児による群読「豆まき」 恐怖の中でも立派でした!セミナーでも発表します。≫

DSCN0313

 P2030849

さあ、綱引き対決開始!最初に在園児がぐっと引いて、卒園児が崩れてしまい、そのまま立て直せずに、なんと在園児の勝利!その瞬間の卒園児の表情といったら…!慌てて豆を準備していると、早速、鬼登場!子ども達は恐怖で後ずさり、一つに固まってフェンスがしなるほど。

DSCN0319
 ≪来るぞ、来るぞ・・・≫

その中で、約束通り(?)負けた卒園児のしょうたろうが連れ去られます。しかし、皆怖すぎて、やっと豆を投げるくらいで助けに行けません。「頑張れ!」「同じ卒園児だよ!」と周りから励ましを受けて、勇気を出して飛び出したのはゆうま!それをきっかけに、すみれが捕まった際はてんまが、逆にてんまが捕まった際はすみれが(なんとドラマティックな展開❤)、卒園児同士で助け合っていました。


P2030861
≪鬼、来たーー!≫
DSCN0337
≪弟を盾にしてる?守ってるんだよね~!≫
P2030866
≪ジュリエットーー!≫
P2030869
≪おお、ロミオ―!≫
P2030877
 ≪なんで私だけ何回もー!?≫

しかし、なかなか引かない鬼、何かのきっかけで(先生達に押されて!?)子ども達の集団が前に動いた時、鬼がちょっとひるみました。「皆で押していったら逃げるんじゃない?」そこで、残りの力と勇気を振り絞って、「帰れー!帰れー!」と、叫びながら鬼を追い詰めていきます。すると、鬼もはぁはぁ‥と疲れてきた様子。「もう一息だー!」と、園庭の出入り口まで追い詰めました。

P2030896
≪帰れ、帰れー!≫
DSCN0349
≪帰れーー!≫

DSCN0357
 

そこで皆の盾になったのは、やっぱりのぞみのリーダー、卒園児の皆。ずっと後ろに隠れていた卒園児の子も励ましを受けて(無理矢理?)、一つの壁になって追い出しました。ゆうまも最前線まで乗り出して「帰れー!」もう大丈夫だ!(…と思ったら、一度鬼が戻ってきた際の、ゆうまの逃げ足の早さと、必死の形相は忘れられません…。)

 

そんなこんなで、どうにか鬼を追い出した子ども達。毎年恒例のように、その直後の給食中の「私、泣かなかった!」「オレ、助けたよ!」と、豆まき談議に花を咲かせました。しかし、安心したのは束の間、夕方再度、鬼からの手紙が来たのです!やっと恐怖が去ったのに、「え、また!?」「明日も来るのかな…」皆の表情がひきつります。「スクラム組んで聞こう!」と、自発的に皆で固まる子ども達…。その概要は…

 

『卒園児は負けて悔しいと思うけれど、こんなに協力できる在園児がいたら、安心して4月からのぞみを任せられるな!卒園児同士で助け合ったこと、最後は卒園児が壁になって在園児を守ったこと、さすがだ!このことを自信に、セミナーや卒園式、協力して励まし合って頑張れよ!』

という、激励の手紙だったのです!その内容に「優しい手紙だったね!」と、やっと安堵した子ども達でした。

DSCN0368
DSCN0376
 

「豆まきで綱引き!?」「豆まきにストーリーがあるの!?」と驚く人もいるかと思いますが、これも集団作りの一環行事でさえも鬼でさえも利用して、子ども達が励まし合ったり、つながったり、自信や勇気をつけたり…子ども達の心の成長が図れるのです。使わない手はないのです!今回は、保護者の方の見学もたくさんありました。どうだったでしょうか、のぞみの豆まきドラマは…!?

後日談ですが、豆まきの取り組みを振り返っている際に、代表から「子ども達には、仲間を助けるとか、協力することは大事だとか教えているけど、教えてる自分達(大人達)はできると?」と、厳しい指摘がありました。子ども達は鬼という恐怖、最大のピンチの中でも、仲間を思いやって手を差し伸べることができます。子どもには「あの人は上、あの人は下」とか差別心がありません。純粋に助けたいと思えばすぐ行動できます。しかし、大人になるにつれて、色んな雑念が入ってくるせいか、仲間が苦しんでいても見て見ぬふりしたり、無関係を装ったり…。いつからそんな風になってくるのだろう…?誰がそんな風にしてしまうんだろう…?身も心もすっかり”大人”になってしまった自分にとっては、グサッとくる問いでした。

(文責・倉田)


【お知らせ・お願い】
◎明日8日(土)のセミナーは午前9時からです。9時からは子ども達の発表が始まります。余裕をもってできるように、8時45分までにはトイレ等まで済ませられるように登園して下さい。また、外遊びの予定ですので、帽子・水筒・着替え(汚れ、おもらし、心配なご家庭は)を持たせてください。ご協力をお願いします。

【豆まきの元気もん】
P2030888
たんぽぽ組さんも、人生初の鬼

P2030900
勘弁してよ~オレたち、まだたんぽぽ~、刺激強い~

P2030890
「あれなんだ~?」「顔がえらい真っ赤っかね~」

P2030889
兄ちゃん姉ちゃん達、必死ばい・・・すごいねー

P2030903
私も、スクラム作戦

【豆まきの元気メニュー】

P2030910
イワシのかば焼き  大豆とひじきの磯煮 小松菜のゴマ和え

鬼の苦手な大豆といわしで、のぞみの皆はパワーアップ鬼と戦った後の、元気回復メニューでした

 


 今年度の遠足でのクラマッチも、残すところあと2回となりました。

今回は、今までの競争の集大成として、各クラス全員参加、皆が大好きで盛り上がるリレー対決を行いました。(トラック形式)

結果は、、なずな組が久しぶりに勝利!!念願のトロフィー獲得に、子どもたちは大喜びでした!!
P1240813

しかし、それまでには、大変長い道のりがあったのです!


全員参加なのですが、1才児もいるので、小さい子3人までは大きい子がペアになり、一緒に走る!という援助もしていいという事になりました。それも、子どもたちが話し合って決めます。候補に、ともや(年少児)・こうせい(2歳児)・こうのすけ(1才児)の3人が。

そして、3人それぞれ、同じ班の大きい子がペアになろう!ということになり、こうせいにはりこ(年長児)、こうのすけにはかずま(年中児)がペアに。ともやには、という時に、こはな(年中児)の名前が挙がりました。しかし、本人はう~ん…。とどこか自信がない様子。(トラック形式のリレーということで、まず自分が上手く走れるか不安だったようです)
するとかんな(年中児)が、「こはな!やってみれば!?」と、背中を押すような声かけを!こはなも友だちのかんなから背中を押してもらったので「うん!!」と今度は力強く返事をしてくれました。以前のかんななら、「じゃあ私がする!」と強引にいっていたと思うんですが、こはなを勇気付ける側になっていたことにかんなの心の成長を感じました。
DSCN0173
《一人だと難しいけど、お兄ちゃんと一緒だと頑張れる
DSCN0183
《さぁ~こうせい頑張るよ

やっとペアが決まった後、散歩先での練習の際、トラック形式でも自分1人で一周走れていたさちか(1才児)が急にコースと違う所を走ったり、その場で固まる…!という事態が発生しました。これは大変だ!!そのため再度集まり、ペアの問題など色々と話し合いを始め、皆、頭を悩ませていましたが、解決策がなかなか出ず時間が過ぎるばかり…。やっと、ともやは一人で走れるように練習させ、こうせいにりこ・さちかにこはな・こうのすけにかずまがつくことに決定!さ、やっと遊びの時間だ!となった時に「ピーっ!」と、帰りの合図の笛が鳴り、遊べず…。
あーあ…と、皆が気落ちしそうになると思いましたが、かんた(年中児)やすみれ(年長児)が、「でも今はリレーも大事だけん!」と。すると、大きい子たちは、そうだよねと納得。こんな風に、前向きに気持ちを切り替えられるのか...。大人でも難しい仲間の励ましにびっくり!!
DSCN0175
《こはなねぇちゃんと一緒、あんし~ん


 たくさん話し合いもして、もう問題ないだろうと思っていたら、またまたトラブル発生!順番待ちで一列に並ぶと、「前に詰めて!」の声が届きにくいので、カーブにするといいねという話になり、これも作戦に。(その名もストロー作戦!)
しかし、最後の練習試合の際、アンカーの、すみれとひまわりのアンカーゆうまがほぼ同時にゴールし、あとは並んで座って勝負が決まるという時に、ストロー作戦でカーブして並んでいるなずな組は、すみれがグイーンと回って最後尾に座らないといけないのでタッチの差で、負けに…。声かけしやすいようにと考えたストロー作戦が裏目に出てしまい、すぐに作戦会議を!

もう並び方を変更するのは時間がないということで、皆でどうやって戻ったらいいか、最短ルート探しを、実際に並んで、すみれが走って何度も何度も試行錯誤の結果、面白い作戦(名付けてうさぎ作戦)で決行することになりました。
 ギリギリまでトラブルが起き、これでもか!という程に子どもたちは頭を使い、話し合い、作戦を決め、本番に挑み、そして掴んだ貴重な勝利なのでした!!

 P1240821
《やっともらえたトロフィー🏆いえ~い次はぼくたち、私たちがリーダー!!》


5月から様々な種目の対決をしてきて(他園が1日で行う運動会の種目を、毎月行う遠足の際に1つずつやっている)、最初の方はほとんど保育者主導で決めていました。
しかし、回を重ねるごとに、先生に加わり、年長年中も意見を出し合って作戦を考えきれるようになりました。また、自由遊びの時間を使って友だちと自主練習をしたりと、競争へ向けて、仲間と共に頑張ろう!!という意識の変化が見られるようになり、心の成長が大いに見られるようになりました。

保育者も“また頑張ろう!”と、やる気に繋がる出来事となりました。
(文責:小田原)

【お知らせ・お願い】
・次回のセミナーは、現職の校長先生に今の学校の現状などを話していただきます。お聞きしたいことがあれば考えておいてください。
・月曜日は豆まきです。今回は鬼と戦う前に綱引きがあります。子どもたちは怖いと思いますが、みんなで作戦を考えて取り組んできたので、休みがないように体調を整え、万全の態勢で登園しましょう!!

【リレー対決での元気もん】

DSCN0218
DSCN0187
《みんなほんと、一生懸命走り、白熱した競争になりました
DSCN0192
P1240825
《久しぶりの負けも相当悔しかったようです...!》
【今週の人気メニュー】
DSCN0237
*西京味噌焼き 白和え 油揚げ納豆 麩と豆苗のすまし汁*
給食の先生より
豆腐、400グラムには約380粒の大豆が使われているという話に、「うわぁ~いっぱい入ってる~!」と驚く子どもたち。この日の給食には5品に大豆が使われていました!!
鬼の苦手な大豆を食べて、元気に鬼退治頑張るぞーっ

↑このページのトップヘ