のぞみの丘保育園 ブログ

のぞみの丘保育園は益城町北部、広安小学校北側の竹林の中にある45人の認可保育所です。 就学前に豊かな人間性の根っこが形づくられます。本園では特に日々の屋外活動を通して心の強さづくり、豊かな心、そしてかしこい子どもづくりを目指します。

連絡先
住所:熊本県上益城郡益城町馬水568-1-4
電話:096-234-7987
FAX:096-234-7904

 日中は、気候も暖かくなり、すっかり春の陽気になってきましたね。各地で大流行したインフルエンザですが、のぞみでインフルエンザにかかったのは、0歳児のこう1人だけでした。(こうはお姉ちゃんのがうつっちゃいました。)広安小学校でも、学級閉鎖が出たほどですが、なぜのぞみっ子はかからなかったのか!?たまたまかもしれませんが・・・そこには今まで積み重ねてきた秘密があります。

 P3083505
みんな大好き週1回の運動遊びいい笑顔だね

 まず、ブログでも毎週のようにしつこくお知らせで訴えてきたように、ショッピングモール、イベントなどの“人ごみを避ける”ということが、病気にかからないための1つの方法だと考えています。セミナーにおいて「子どもと刺激」をテーマにした際にも、ショッピングモールやテーマパーク、人が多く集まる場所は、子どもの成長のためにも良くないという話しがありました。そういった他の理由もあるのですが、病気においても、まずは人ごみの場所には行かないようにすることが、1つの予防法だと思います。手洗い・うがいに加えて、保護者の皆様の協力があってのことだと感じています。

 DSCN5817
『こうやってあらうとばい2歳児あらたもすっかりお兄さんです

 次に野菜中心の栄養満点の給食を食べているということもあげられます。昨年のゆいなは入園当初、好き嫌いが多く、食べられるものはほとんどありませんでした。インフルエンザにも2回かかり・・・しかしそんなゆいなも少しずつ野菜を克服していき、今ではおかわりをするほどに!そして今年はインフルエンザにもかからず、とても強くなりました。もし熱が出た、体調が悪くなった子がいたとしても、やはりよく食べる子は治りも早いということが、保育園で働いていてよく分かります。給食のようなバランスのとれた食事は、家ではなかなか難しいですが、少しでも気をつけていくことが、子どもたちの健康には欠かせないことだと感じています。

 DSCN5770
『あたしおやつは食べるの早いのよ

 しかし感染力の強い病気、気をつけていてもかかる時はかかります。菌をよせつけない子どもたちの体力はやはり、毎日の散歩の積み重ねで培われているようです。夏の暑~い日でも毎日散歩に行っていました。散歩は子どもたちの忍耐力をつけるためにも行っているものですが、ここ数年でしっかり体力がついてきているのが分かります。

 また職員もインフルエンザにかかった人は0人です!毎日の散歩のおかげで、子どものみならず、職員も健康になっています!!

 P3083538
オリーブタウンにて、リレー競争かなりの距離をしっかり走ります

 子どもが元気に保育園に行ってくれるということは、親にとっては本当にありがたいことです。

 今後も強く、逞しい子どもを育てていくために、保育園と家庭と協力して、共に頑張っていきましょう!
(文責:山下)
【お知らせ・お願い】
・3月22日(金)はお別れ遠足です。年長・年中は8時までに登園して下さい。途中暑くなるかもしれないので、長袖の下に、半袖のTシャツを着てきて下さい。祝日の休み明けになりますので、弁当も忘れずお願いします。天候次第では20日(水)に変更もあります。(弁当の日は変更ありません)よろしくお願いします。
・たんぽぽ組の部屋の『ハイチーズ』の写真が新しくなってますぜひご覧ください
・引き続き、年長・年中児は卒園式に向けて、呼びかけの練習に取り組んでいます。なるべくお休みのないようにお願いします。
【今週の元気もん】
DSCN5846
「みんなが病気になりませんように」馬水神社にてよくお参りしてます!
DSCN5860
「じゃんけんぽん」ひまわり対なずなでじゃんけん競争
DSCN5756
はづきをトントンしていて、そのまま眠ってしまいましたなんとも可愛い寝顔
DSCN5771
絵本に合わせて、パンダ親子体操大人気でした!
【今週の人気メニュー】
DSCN5863
だご汁 いも天 小松菜と高菜炒め 果物
熊本名物の高菜とだご汁野菜たっぷりであっという間の完食でした

以前ブログでも取り上げましたが、毎週火曜日に職員が集まり園内研修を行っています。先週の研修で、今年度に実施してきた担当分野の総括(成果や課題)を発表しました。

★知育(絵本の読み聞かせのまとめ)

・月の計画表を作り1週間の中で昔話、徳育、知育(性教育)と分けて、保育士がローテションで読むようにした。

・手をあげる子は最初決まっていたが、徐々に色々な意見が出ていた。また、出た意見に対して話も聞いており「違います」「他にあります」と違う意見を言える子が多くなった。(他人の意見に自分の意見をいえるようになってきた。)

・いつも手をあげない子が、あげたりするので必ずこたえてもらうようにした。

・週に一度集団での話し合いを取り入れる。班長によっては意見をまとめることが出来ず、何も言えないことがあったが、保育士が助言していき、周りの子を使い発言できるようにしていくと、自分達で気付き助け合うようになった。

・質問して終わりではなく意見をドンドン出し合わせ、時には意見交換をして確かめていくようにしたい。

・小さい子だけ別メニューで読み聞かせをする。

・授業者は、読み聞かせをするときは、子ども達がわかりやすい言葉かけ発問、質問を行う。

・手をあげない子には、スモールステップで質問に答えさせ、次の発言への意欲をつけていく。

P2233456
せいぎ先生の授業は、📖おっぱいのひみつ📖  
「おっぱいすきなひと」の質問に元気に手を挙げたのは、ゆうせいでした(笑)

P3083567
絵本と同じように並べられるかな~?

★集団作りのまとめ

・坂本光男さんの「教師の指導力を高めるために」を読み、指導者の心構えを学習した。

・理論と学習を並行して実践を行ったので実践と理論のずれが減ってきた。

・班替え→班競争などで協力し、班の仲を深めていく。次に遠足の競争ではクラス間を団結させ、達成されたら班替えをするというサイクルで集団作りを行った。

・7~8月は、競争が多すぎ、行事の見直しも検討したい。また行事は何でするのか常に考えて行く。

・7月の競争をなくすなど、何を目的にやっているのか、本末転倒にならないように競争を集中させた方が良い。
DSCN5728
手を遊び発表会 グループで話し合ってだるまさんにしました


★散歩のまとめ

・夏は近場を選び、30分ほどの散歩、その後水遊びという流れが定着した。こまめに水分補給、日陰で休ませたりして、猛暑の中でも負けずに乗り切った。(これでのぞみっ子はたくましくなった)

・秋ごろから年中、年長だけの散歩コースに、新しく年中児がリーダーとなって行く機会を、月に1回鍛錬の日に加え実施した。初めはなれなくて危ない点もあったが、少しずつ慣れ、年中児が連れて行くという自覚が芽生えてきた。子どもたちにとっても、やる気を起こすきっかけになるので、職員配置など安全に実施できる時に来年度もとりいれていく。

・コースがマンネリ化とならないように、満遍なく臨機応変に散歩コースを計画していく。

P3083492
 大きい子と手をつないでいく練習中
「あたち先生と一緒じゃなくても平気だもん

このように、私たち保育者は『心豊かでたくましい子ども作り』の為に常に学び合っています。

来年度へ向けて、更にステップアップしていけるよう頑張っていきたいと思います。


【お知らせ・お願い】
★3月1日より新入園児が二人仲間に加わりました。
・ひまわり組 高森優(ゆう)ちゃん 
 H28.7.19生 2歳です
・たんぽぽ組 林悠太(ゆうた)君 
 H29.11.27生 1歳です
 よろしくお願いします。
★卒園式が近づいてきました。子どもたちは毎日一生懸命取り組んでいます。なるべくお休みが無いようにお願いします。

【今週の元気もん】
最後のケンカ

DSCN5793
DSCN5796
なかなおり

運動遊び  
P3083517
大きくジャ~ンプ

P3083513
P3083510
平均台 上手でしょ

文責:西山



【今週の人気メニュー】
DSCN5754
鶏そぼろ ピーマンと人参のツナ炒め 菜の花の白和え かぼちゃの味噌汁

散歩道で、大きくなった小松菜・白菜・チンゲン菜の菜の花を発見!菜の花を見て楽しみ、味わって喜んだ、のぞみっ子でした!


  2月21日(木)如月遠足を行いました。今年度はこれまでほぼ毎月遠足を実施、その中でクラス対抗の競争を行ってきました。今回の種目はリレー。ねらいは全員参加で行い、小さい子へのフォローをすることで、困難を乗り越え、クラスの団結力を高めることでした。

 ひまわり・なずな組は秋頃から順次たんぽぽ組より進級者が入ってきています。リレーの練習をはじめた当初、早速困ったことが起きました。よーいスタート!で走り出すと、1・2歳児の子達がコーンを回るということができず、違う方向に行ったり、回らずに帰ってきたり…。初めてのリレー、しかもコーンを回るという小さい子には難しい課題付きですから、できなくて当たり前。『そっちじゃな〜い!!』と、必死に叫ぶ大きい子。子どもたちがぶつかった壁=困難です。そこで、同じ班の友達が助けに行って良いというルールを設けました。
DSCN5534
《友達の声援を受けて、一生懸命走ります!!》
 練習をする中で、今までの競争とちょっと違う動きをしたのが、ひまわり組の年中児ちひろです。これまでの競争も一生懸命取り組み、家でもお母さんたちと練習する日々でした。今回練習を進めていると、同じチームのまさき(2月に進級したばかり、初めての競争参加!)が迷子になりそうになり…さっと出てきたのは、ちひろ! 今までは自分のことで一生懸命だったけど…迷っているまさきを見て、居ても立っても居られない!という様子でした。
DSCN5562
《小さい子への取り組みの頑張りを評価し、表彰状が贈られました!》
 集団づくりにおける競争は、優劣を決めるだけではなく、小さい子=力の弱いものへの協力はどうあるべきか、援助はどうしたらいいのか…等、態度のとり方を学ぶ、つまり人間づくりを目的としています。だからといって『小さい子の世話をせなんたい!』と大人から教え込む形をとってしまうと、本末転倒。やらされるお世話になってしまいます。
DSCN5523
《1・2歳児さんもよーく頑張りました!》
 そこで大切にしているのが、子どもたちの『やる気』に火をつけることです。もちろん個人的にも声をかけたりアプローチしていきますが、それよりも大きな影響力を持つのが周りの子どもたちです。数人に『やる気の芽』が芽生え始めると、それがじわじわと広がっていきます。ここが『1人でする競争=個人競争』と『みんなでする競争=集団競争』の大きな違いの一つだと思います。ちひろが今回のリレーで、今までと違った行動に出たのも、そのやる気の輪の中にうまく入っていったからではないか?と考えています。 
DSCN5555
《なずな組がトロフィーをもらいました!知恵を出して、作戦を立てた後の勝利は嬉しいね!》
 当日はひまわり組が負けてしまい、悔し涙を流す子もいました。 結果発表を聞いて「今度リレーがあったら勝ちたい…!」とつぶやいていた、ちひろ。彼のこんな悔しそうな姿は、初めて目にしました!
こんな心の成長がちひろだけに限らず、他の子にも広がっており、毎日の生活のいろいろな場面で見て取れます。
 
  私たち職員は、幼児期から行動を通して『連帯、協力、優しさ』などを体得していく様子を見て、実践しながら驚いています。しかし、『大人社会では、仲間と手を繋ぐということが非常に希薄になっている』という事実もあり、この体験を通した情操教育が、子どもたちの将来にどう影響していくのか、検証しなくてはならないなと感じています。
(文責:高森)
【お知らせ・お願い】
・卒園式の練習に、毎日少しずつ取り組んでいます。生活リズムを整え、できるだけお休みのないように健康管理をお願いします。

【今週の元気もん】
DSCN5500
たんぽぽ合奏隊タンバリンもって上手でしたよ
DSCN5687
『からだ』に関する絵本を読んだ後に…クイズ!『耳はどこかな??』まさ・とも兄弟も『ココ?』
DSCN5680
なおも分かったよ~!目はココ!!
DSCN5485
0歳児さんたち、なにやら集まっておしゃべり中??
DSCN5474
ちびっこ演歌歌手!?ゆづきも気に入ってそのまま帰りました
【今週の人気メニュー】
DSCN5741
鮭のオーブン焼き 菜の花のミモザサラダ わかめとトマトの酢の物 麩のすまし汁

ミモザの花を写真で見せてもらい 『牛小屋のとこにあった~!』と、子ども達。
見た目も春らしい給食でした!
 

↑このページのトップヘ